Archive for the ‘アニメ’ Category

今年見たアニメに適当にコメントしてく2011年。

水曜日, 12月 28th, 2011

こちらではお久しぶりになります。今年もあと少しですが、どうですか?どうしましょう。どうもしねえよな。どうかしてるよまったく。

で、ですね。今年割りとアニメを見たんで思い出しながらコメントしていこうと思います。こんなことするのも今回限りだと思いますので、心してかかってください。

厳選シーン3つ(順不同)

まず、心に残ったシーンを3つ厳選しときます。

  • シュタインズゲート。12話ラスト~13話ハジメ。42,ブラウン管、点灯済み。あの辺り流れは最高でした。しないって決めたその日に、遂行せざるを得ない状況に持っていかれる感じの。
  • ヴァンガード。44話。金髪コーリンが目付きの悪いカイとバトルして、男の方がノー根拠でかっこいいこと言い放つんですわ、ああいうの弱い。コーリンちゃん濡れたと思う。(下品)
  • ぐだぽよ~。1話。ベスト格言:「口ん中紫なってるね……。」あの衝撃は忘れられんね。

来年に仮に僕が死にかけたとしたら走馬灯にちらっと出てくるかもしれませんね。口ん中紫にしながら「オレが何とかするっ!」つってタイムスリップするシーンが。

全部列挙(順不同)

タイトルだけ舐めて気になったのだけ御覧くださいな。

  1. まどか。次回への引きからのエンディングの銅鑼鳴らしインの気持ちよさ目当てに見てました。■そんで最終回を迎えてネタバレの恐怖から解放されたわけですけど、その後ネットで巴のキャラ設定(創作)とか読んでゲラゲラ笑ってた。円環がどうとかいう。■話題性がマンモスみたいに膨れ上がって返ってこっちが引いてしまった。<10点>
  2. シュタインズゲート。キャラルート有りのアドベンチャーゲームだけあって、本編では一人一人女キャラが退場していく(影が薄くなってく)の。悲しいんだこれが。■「無論だ、はーはっはっは、でしょ」だっけ。キュンとした。■タイムスリップものは理論先行実現不能なだけあって、作品ごとの独自ルールが頭に入ってこなくって中々難しい。α世界線とか。僕の中では時間移動はバック・トゥ・ザ・フューチャーとドラゴンボールで止まってるからなおさら。<10点>
  3. イカ娘(一期・一挙)。ちびの回、たまらんかった。突発ひとり泣いてはいけない選手権を開催してた。デデーン!■早苗は明らかに狂ってるし、彼女がこのアニメの全てを持たせてる気がした。大好き。■ちなみに初見イカはgetwildのアレ。<10点>
  4. マリア様(一期・一挙)。予告の後で学園アリスのオープニング流れそうでヒヤヒヤしてた。なにかシンクロしちゃうんだわこれが。■ひょうきん懺悔室ばりのペケポーズの三つ編みの子のカットは後世に語り継がせたい一枚。■夏に見たけど寒いときに見ると雰囲気出ると思う。■エンディングとDVDBOXパッケージが完全に中嶋敦子絵でしかなくて笑った。<10点>
  5. ミルキーホームズ一挙。全てが狂ってる。尋常ではない。■親玉の絵面が良かったです。<10点>
  6. ましろ。普通な良い感じが心地よかったのだけれど、ラスト2,3回で、ギャラリー(視聴者)のざわつきが気になってそれにつられてネタっぽい見方が強くなってった。僕流されやすい。■よく出来てる。■ヒロインが完全にパンツ見られ損。ていうかどんだけ主人公に秘所を見せたかが決め手だったらしい。<10点>
  7. バトスピブレイヴ。例の兄妹、前作では近親のタブーはそのままタブーとして描かれたわけですが今回、転生という形で一応の救いがあってほんとよかった。ご都合主義かもしれない。最初に生まれ変わりを匂わせた回は、単なる思わせぶりなシーンだと思ってたんだけど、後々バッチリ一話使ってきたもんだからビックリ。■最後はちょっとわかんないです。また今やってるタイトルで転生するのかもよ。<10点>
  8. ベントー(途中)。終始、独特の笑いを誘う。机の端から肘がズレ落ち続けたせいで、左ストレートのリーチが5ミリは縮みまして。<10点>
  9. 未来日記(途中)。数年前だかに漫画が話題になったときからイメージ検索等でキメコマ画像だけはたまに目についてて、「なんだこれは」みたいなことをずーっと思ってた。■中高リアルタイムにケータイに触れている世代には、この作品は感化しやすいよね。■一話すごい。エレベーターキスの下からの光とか場面設定完璧。エンドロールで普通に所有者リスト流してるあたり、僕の考えてるネタバレと作品自体の持ち味としてのバレてはいけないネタは、ちょっと違う感じ。2話は普通にぶったまげ。■見る側が毒に当てられちゃう感じ(テロ、殺し、ストーカーをギャグで描いてる)なので早いとこ心の過程(フラッシュバック)や結末、筋を見て安心したい。<10点>
  10. ヴァンガード(途中~50話)。バトルシスター(ガトリングガン)の声が聞こえるとハッとする。<10点>
  11. ぐだぽよ(途中)。前情報なしの一話がステキでしたが、回を重ねる毎に濃い意味でもぬるい意味でも着いていけなくなった。声優の楽屋トークと言われてるけど、トークのリスナーの輪に外れた感じを意識しちゃってもうダメだった。置いてけぼり悔しい。<10点>
  12. ペルソナ4(途中)。オープニング(sky’s~)かっこいい。スネアにノれる。■番宣PVで気になってた、雪子がドレスを着て胸の前でハート書くカットを拝見できたんで満足です。<10点>
  13. c3。絵がすごくもやっとしてた。でも動画であまりゴワゴワしてなかった。ていうか髪に何色使ってるんだ。今のアニメ技術ってすごい。言うほど知らないけど。■人形の子がかわいい。■サクラサクラOPに代わって三味線ベンベンベンOPよかった。■ながら見してるとすぐ置いてかれるので、気が気じゃなかった。<10点>
  14. アイドルマスター(途中)。貴音のあの声を発しただけで醸しだされる小ボケ感?あれが好き。■ほっぺのS字ラインとか時代的なの感じるし、斜め顔の口の傾き、開き具合はokamaって人を感じる。■響とまことの小競り合いがすっごくいい。羨望のまなざしで見てる。<10点>
  15. 真剣恋。マジと読むのは本気だけじゃないんだ。■肌の色が白くてすっげーいやらしい。さすが出がえっちなだけある。見習いたい。■テンプレートな笑わせ方はしっかりしてて且つ最近の風俗文化(Twitterとか、当て字の名前に突っ込みが入るところとか、携帯ゲーム機とか)を取り入れてて、なんかこうなんて言ったらいいんだろう、わかんない。ストIIとかみたいに色々話を修正してやって10年は持ちそう。なにこの書きっぷり、僕偉そう。■弾丸を素手で返す破天荒なノリ大好き。<10点>
  16. イカ娘二期(途中)。OPから狂気が消えた。■CMが入んないから、ただでさえホワホワしたオチ(とそれを反芻解釈する余韻タイム)が、こう「スーっ」と次の話にかき消されていくの。これが落ちに一家言ある所以か。■早苗は相変わらず狂ってる。大好き。<10点>
  17. とらドラ一挙。いきなり深刻な空気になってビビる。■タイガのプライドがまずズタズタにされるんですよ、ズタズタに、完膚なきまでに、その後のハッピーに向けての前菜として。最後ハッピーエンドで締めるからいいものを、そうじゃなかったら僕の心が死んでた。■登場人物大人子供全てに未熟な部分があって、心の精算してくのね全員。見るの辛い人がいるらしいのはわかる気がする。■ホアホアほっちゃんの顔面が頭の片隅でチラチラしてた。<10点>
  18. ピングドラム(途中)。夏芽真砂子を集中して見てる。演劇っぽい感じでセリフを言わせたらハマることハマること。■フォーマット決めて(生存戦略/決闘までの一連の流れ)それをアレンジしていく(りんごが階段を登ってく)ところを期待してた。「あのウテナの!」と連呼されてたけど、ウテナの一話完結の構成の見やすさには敵わないわ。■橋本カツヨ的な「なんだこれは…」(奇跡の回とか真っ暗な中でエスカレーターが降りていく黒薔薇初回?のとか)も期待してた。敗因は、妙な底なしの期待。<10点>
  19. お願い先生一挙。いつセックスが出てくるか!みたいな、はいセックスでござーい!みたいなアニメは見る方が気が気でない。<10点>
  20. スイートプリキュア(途中)。音符が集まりきらない(話が進まない)感じがすごく往年のプリキュアっぽかった、やっぱこれだね(トッポ)。■バトル終了の曲が音符が回収されるてハミィが覗き込むあたりまで流れるんですけど、あれが良い。■カナデって子が心にちょう引っかかる。■あと応援ポイント100点超えで応援団支部長なのでおそらく全国ベスト1000くらいには入ってるはずだが、その次のアクションを起こす手段を持っておらず。ですが来年はこの勲章をちょくちょく自慢していこうと思います。■TV版しか聞いてないけどオープニングほんと好み。Bメロで蔑んだ目でカナデがこっち見てくるんだけど、あれすごくクルから凝視してみて。<10点>
  21. 電脳コイル(BD発売販促の一挙)。NHK放送時の14話以降は適当に見てたんだなあと痛感した。最終回近くでメガバーが「○○は××だったんぢゃ!」みたいなこと言ってたけど、当時の感想は「ふーん?え?なに?あうーん…」だった確か。前半のどんちゃん騒ぎに比べて、後半ちょっとややこしいわ。■やっぱ縦に長かった。まどかとは逆だ。まどかと足して2で割ったらちょうどいい感じ。<10点>

全部挙げたら長くなったけど、そんなに見てる感じでもないと思う。でも見てないこともないと思う。来年はまったく見ない気がする。

総評

アニメってよく出来てるわほんと。(今更)

んじゃ

よいおとし↓を↑~。

AKEOME

月曜日, 1月 10th, 2011

あけましておめでとうございます。

超久しぶりの更新。すいませんねホント。

最近は年末あたりに機会があってニコニコチャンネルとかで結構いろいろアニメとか見てました。片目くらいで。

イカ娘がおもしろかったよ!原作はけっこうちゃんとオチてると僕は思うんですけど、アニメは異様に投げっぱなしに見えるのはなぜなのか。

あとミルキィホームズとかもすげー狂ってた。なんだあれ大丈夫か。

あとおとめ妖怪ざくろがすげーキュンキュンした。話はすげーテンプレなんだけど、登場する男女のカップリング具合がさらにテンプレすぎてツボを突かれまくった。やりたいことやってる感がエンディングとかからあふれてていいアニメだと思ったよマジで。

それで結局サヴァイヴ絵なんだけどいいよね別に!っていうかみんな当然知ってると思うけど今YouTubeのNHK番組コレクションってので絶賛放映中だからさ!万が一知らなかったらちょっと検索してみるといいよ!ちなみに僕はオープニングのKiroroがかかった時点で涙が出たよマジで!

そんなわけで今年もよろしくお願いします。

俺の考えに考えまくった新プリキュアはこうだ!

木曜日, 5月 20th, 2010

常に埋まってる

これでよかろう。